浮き輪の空気を簡単に抜く方法を紹介!

こんにちは!

 

 

今回は、プールや海の必需品「浮き輪」の空気を簡単に抜く方法についてです。

 

 

結構、力技で空気を抜いている方を見かけるので、らくちんな方法いくつか紹介します。

 

 

さっそく見ていきましょう!

 

 

浮き輪の空気を簡単に抜く方法

 

浮き輪の空気を抜く時は、空気の入れ口(安全弁)をつまんで空気を抜いていると思います。

小さいビーチボールや子供用の浮き輪であればそんなに苦労しませんが、大人用の浮き輪は抜いているうちに指が疲れてしまった経験ありませんか?

 

最近は、インスタ映えの影響により浮き輪も巨大化しているので、そんなやり方をしていたらいつまでたっても空気は抜けません。

 

 

そこでおすすめなのが、空気の入れ口(安全弁)にストローもしくは割り箸を差し込むこと!

(爪楊枝でも可能ですが、先が尖っていて浮き輪を傷つけやすいのと小さいので浮き輪の中に入ってしまう危険性があるので注意が必要です。)

 

 

これらを差し込むことで、指でつままなくても安全弁が開いた状態になるので、浮き輪を押すだけで簡単に空気が抜けていきます。

 

ストローや割り箸なら持ち物の手間になることもありません。(大きいプールや海なら、売店に行けば置いてあると思います。)

 

ぜひ試してみてください!

 

さらにもっと楽な方法を紹介!

 

割り箸やストローもかなり便利な方法ですが、さらに楽で早く空気を抜く方法があります。

 

それが、

です!

 

プールや海の後は、シャワーや化粧直し、子供がいれば空気を抜いている暇もないと思います。

 

そんな時役立つのがこれ!

 

なんとこれは、差し込むだけで勝手に空気が抜けるという優れもの。

 

帰り支度をする前に差し込めば終わるころにはぺちゃんこです!

(楽天だと200円で買えちゃうので経済的!)

 

 

 

 


いかがでしたか?

 

これさえあれば、空気を抜くのも苦ではありません!

 

ぜひ、実践していない方は騙されたと思ってやってみてください。

 

(ちなみに、筆者はプールで遊んだ後の、みんなで浮き輪の空気を抜く時間が結構好きです。)

 

 

以上、「浮き輪の空気を簡単に抜く方法を紹介!」でした!